新しいスポーツシュー、GOODYEAR Eagle RS Sports

新しいスポーツシュー、GOODYEAR Eagle RS Sports

スポーツ走行もしたい、と思って買ったアバルト プント。
買ってすぐに筑波サーキットを走ったり袖森のアバルトだらけの走行会に参加していたりしたけれど、去年は諸事情でちょっとお休み。

今年は再開しようと、虎視眈々としていたのでした。

ただ、いくらサーキットに行くからといっても、普段からハイグリップタイヤを履いているのは、なんだかオーバースペック、大げさな感じだなぁ。それにせっかくのタイヤを普段の買い物とか、仕事の行き来などですり減らすのはもったないし。乗り心地も、市街地では剛性ありすぎてイマイチだし。

そんなわけで、スポーツ走行用に、ホイールとタイヤを別に確保しようと思ったのでした。
まず、昔から憧れだったホイール、OZ クロノをゲットして、これに去年から履いているミシュラン PS4を装着して普段履き用に。
余った(?)ノーマルホイールに、スポーツタイヤを履かせて、サーキット用にしよう、と。

本来ならノーマルよりもOZの方が軽くてスポーツ走行向きなのだけど、普段はお気に入りのホイールを履きたい。それにミシュラン PS4は軽いので、OZと組み合わせると軽さが強調されて操縦性や乗り心地もGoodだし。

そんな矢先、いつものタイヤ屋さんから、こんなのありますよ、と紹介されたのがコレ。
グッドイヤー イーグル RS スポーツ。
サイズはノーマルと同じ、215/45 17。

僕が装着したのは、これの一年落ち、2016年モデル。今年の最新型とはコンパウンドが違う。最新モデルは前年モデルよりもラップタイム1%アップというから、1分40秒で走れるサーキットなら、それが最新タイヤを履くだけで1分39秒になる、らしい。

別に1秒遅かろうが速かろうが、僕にとっては練習用なので、サーキットでのそれなりの剛性とかグリップがあればイイ。なので、これで充分。
それに型落ちで安いし。取り付け工賃込みでとても安くなった。いつもお世話になります、店長さん!
この6月からタイヤがいっせい値上げになることもあり、タイミングも良かった。

何でもこのタイヤ、トヨタ ヴィッツ ワンメイクレースのコントロールタイヤになっているそう。

それに何より、どこかで見たようなパターンじゃないですか? そう、ウワサによればこのタイヤ、住友ダンロップのOEM製品といわれていて。ダンロップといえば、僕が去年の5月まで履いていたディレッツァ ZII。そう思ってみてみると、トレッドパターンで“血のつながり”が分かるような(笑)。
このイーグル RS スポーツは、ディレッツァ Zシリーズとほぼ同等と推測されます。でもでも、いくらなんでも、自社ブランドのまったくの同等品をOEM供給するわけがないので、いくらかの仕様違い、ないしは年式違いはあるとは思うけど。

とはいえ、サーキット復帰用のスポーツシューとしては、僕にはピッタリ。何より安くてありがたかったし。
この週末にサーキットイベントがあるので、履き替えてきました。これで準備オッケー!
運動会が待ち遠しい子どものように、週末を待っている、おっさんなのでした(笑)

このタイヤ、フツーに買っちゃうと、このくらいの値段。
これも6月から上がるんだろうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。