マルチエアは、オイルがいのち[ MTDのTIPSの感想とか実感とか ]

マルチエアは、オイルがいのち[ MTDのTIPSの感想とか実感とか ]
これがマルチエアエンジンの油圧動弁システム。画像は透かしで入ってるサイトより

おとといのMTDのマルチエアエンジンTIPSを読んで、
ちょっとエッと思ったのは、オイルの交換インターバル。
5Kキロ、つまり5,000キロ毎の交換を推奨してるけど、僕としては「そんなに引っ張っちゃっていいんだ」と。

うちのアバルト プント、サーキットとかを走ると、すぐに回転フィールが悪くなる。
フルスロットルが多い富士スピードウェイなんて走ったら、もうてきめん。
で、フィールが悪くなると恐怖が沸き起こってきて(理由は後述)、エンジンオイルを強烈に換えたくなる。

なので、ちょいちょいサーキットに行くようになると、ちょいちょいオイル交換することになる。
5,000キロは、“ちょっと引っ張っちゃったなぁ、ゴメン”って感じの距離。ま、これは使い方の問題なんだけど。

 

sponsor link


 

で、そのオイルだけど、Tipsではカストロール EDGE 5W40がいいよ、と言ってる。
本国イタリアとかではそんなに暑くないせいか5W40、
日本だとディーラー指定は10W50、
ちなみに僕が使ってるのはそれよりさらに粘度の高い、フックスの10W60。
このフックスのオイル、粘度よりもサーキット走行後の劣化が少ない気がしているので、それで気に入って入れてる。
(リンク)
ウチのアバルト プント 使っているオイルは10w60
プントのエンジンオイルは3リッター! なので早めの交換が吉

で、あとはTIPS読むとフツーのことが書いてある。
暖機をしっかりして、油温に気を付けて走れ、とか。
トロトロ走ってばっかいないで、アクセル空けるときは空けろよ、とか。
電磁バルブのトラブルは運だ!には笑っちゃったけど。(僕の以前のトラブルも、あれも運が悪かったからなのか?)

動脈の血液が脳に回って、脳の活動を助けたり冷やしていたりするように、
マルチエアエンジンも、オイルが動弁機構にも働いて、エンジンの動きを助けてる。
そんな、このエンジンの特徴を考えると、まっ先に気をつけないといけないのがエンジンオイルだ。
(参考)インレットバルブはエンジンオイルで動いてる!? マルチエアエンジンはやっぱりヘンタイだ

なので、エンジンオイルにスラッジとかがたまりすぎたりすると、
動弁の経路まで詰まってしまう→人間でいうと脳血栓みたいなコトになっちゃう ((((;´・ω・`)))
という恐怖も。

それに、緑のオイルをピューピューと吹き出して道ばたに倒れ込んでた昔のシトロエンのイメージもあって。ソレハヨケイカw
(特別なオイルをサスペンションに使っていた(ハイドロニューマチック)BXとかに乗ってたこともあるので)

ただ、マルチエアエンジンは、基本的に実用車のエンジンとして開発されてるので、そんなに神経質になる必要はないとも思う。
とはいえ、オイルは大事だよ。もうちょっと勉強しよう、オイルのこと。と思ったのでした。

———
そんなわけで、カストロのオイルを並べてみた。上が5W40、下が10W50

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。