ななまん。[ ついに走行7万キロ。ウチのアバルト プント]

ななまん。[ ついに走行7万キロ。ウチのアバルト プント]

先日、仕事の帰りについに走行7万キロになりました。
2013年6月納車だから、ちょうど6年。年間1万2千キロ弱、月平均1,000キロぐらいは走ってきた、という計算。

用途でいうと、
富士や筑波、さらに本庄や成田といったサーキットでのスポーツ走行や、イベント参加や峠走りなどのクルマ趣味利用が3割くらい、
家族との遠出や買い物といったファミリーユース、これも3割かな。
仕事の移動で都内やその近郊で使ったりするのが実は多くて、これが4割くらい。

この間、大きなトラブルといえば2年目の油圧インテークバルブ・アクチュエーターユニットのトラブルくらい。
それで6年間、7万キロを元気に走ってきたのだから、イタ車もかなり壊れなくなった、といってイイかも。

あとは、助手席側のドアロック・アクチュエーターの動作不良とか、コラムスイッチ交換とか。これはどうも経年劣化みたいなので、これからこういうトラブルがちょこちょこ出てきそうな予感がする。けど、あまりあれこれ書くとホントにトラブルが出てきそうなのでこれ以上書かない(笑)。

ウチのアバルト プント、リアビュー
ウチのアバルト プント、一番好きなアングル

燃費は通算で8.68km/L
ただ最近、エンジンの調子が良いのと、イグニッションコイル交換でパワーが出たせいか、燃費も良くなってきていて、今月のフィアットフェスタやThreeHundredのイベントで会場往復したときも、10km/L台が出てた。
チンクに乗ってる人は珍しくないかもしれないけど、ウチのアバルト プントって10km/L台の燃費が出たのって、6年間乗ってきて確か2回くらいしかなかったからね、すごくうれしい。老いてますます盛ん!?
ちなみに給油回数は合計251回。

ふつう、そろそろ乗り換えを考え始めるような時期だけど、そんなことはちっとも考えてない。
っていうか、これ以上のクルマがないんだ。出てこないんだ。

80年代とか時代をさかのぼれば、KP61スターレットとか、アルフェッタとか、バルケッタとか、楽しそうなクルマがゴソゴソ見つかるのに、今来のクルマはまったく、おもろない。
新車はなんとなく出てるけど、エンジン楽しそうじゃないし、電気使ったクルマばっかりだし。そこが一番の不満だな。プントには関係ないけどw

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。