テスラの自動運転技術「full self-driving」は使い物にならない [ というCNNの記事を読んでみた ]

テスラの自動運転技術「full self-driving」は使い物にならない [ というCNNの記事を読んでみた ]
自動運転で本を読む
こんなことができるようになる日がくるのか

『CNNがテスラの「FSD=完全自動運転」はまったく使い物にならないと報じてます。』と、岡崎五朗さんがFacebookでフィードしていたので、どれどれと、CNNの元記事をあたってみました。
そういえばニッサンGT-Rからテスラ モデルXへ、飛びつくように乗り換えた人がいたんだけど、まだ乗ってるのかな。

起点は岡崎さんのFacebook

岡崎さんがシェアしてくれた元記事はこちら。
CNN元記事キャプチャ

CNNの英文記事を日本語で読んでみた

記事は英語なので当該部分の英文テキストをいつものwww.DeepL.com/Translator(無料版)で日本文に翻訳。

(見出し)
テスラの「完全自動運転」を試してみた。以下はその様子です。

(本文)
ワシントンDC(CNN)「完全自動運転」のテスラの前を12人の小さな子供たちが横切ったとき、私には緊張する理由があった。

テスラが安全で信頼性の高い自律走行車を実現することで世界を変えるというシステム、「完全自動運転」を使ってモデル3の後部座席でこれまでの朝を過ごしてきたのだ。私は、このソフトウェアが工事現場に衝突しそうになったり、停車中のトラックに突っ込もうとしたり、道路の反対側を走ろうとしたりするのを見ていた。時には交差点の真ん中で、システムが躊躇していると、怒ったドライバーがクラクションを鳴らしました。(私たちはすべてのテストにおいて、必要なときに完全にコントロールできるよう、注意深い人間のドライバーをハンドルに乗せていました)。
モデル3の「完全な自動運転」は、私たちや道路上のすべての人を守るために、人間の介入を多く必要としました。時にはブレーキを踏んでソフトウエアをオフにし、前のクルマを避けようとしないようにすることもありました。また、衝突を回避するためにハンドルを素早く切ることもありました。(テスラはドライバーに、常に道路に注意を払い、すぐに行動できるように準備するように言っています)。

私は、車がこれ以上愚かな間違いをしないようにと願っていました。永遠に続くかのように感じられた後、子供たちは横断を終えました。私は息を吐いた。
曲がることができたのだ。しかし、その時、左側から自転車が来ているのに気づいた。私たちは待った。
自転車が交差点を横切ると、車は車を止め、スムーズに曲がった。

この1年間、私はテスラのオーナーが「完全自動運転」技術を使っているビデオを100本以上見てきたし、彼らの多くにその体験について話を聞いてきた。
“完全自動運転 “は、テスラが提供する1万ドルの運転支援機能である。すべての新型テスラは “フル自動運転 “ソフトウェアを使用することができますが、購入者はこの機能を利用したい場合、高価な追加機能を選択する必要があります。このソフトウェアはまだベータ版で、現在は一部のテスラオーナーのみが利用可能ですが、CEOのイーロン・マスクは、より広範囲な展開が間近に迫っていることを主張しています。マスクは、「完全自動運転」が近い将来、車を目的地まで完全に移動させることができるようになると約束している。
しかし、そんなことはしない。それどころではない。
テスラのオーナーは、この技術を印象的であると同時に、欠陥があると述べている。完璧な運転をしたかと思えば、次の瞬間には何かにぶつかりそうになる。
YouTubeで「完全自動運転」の旅を記録しているテスラオーナーのジェイソン・トールマンが、私に直接体験させてくれると言ってくれたのだ。
ジェイソンにお願いして、ブルックリンのフラットブッシュ・アベニューで待ち合わせた。ここは、何千台もの自動車、トラック、自転車、歩行者をマンハッタンに送り込む都会の大動脈だ。経験豊富なドライバーにとっても、ここはチャレンジングな場所です。

赤信号を無視して走る車や、ほぼすべてのブロックに歩行者がいるなど、市街地走行は混沌としている。テスラのカリフォルニアオフィス周辺の郊外住宅地や予測可能な高速道路、あるいはアルファベットのウェイモが完全自律走行車を走らせているアリゾナの広い通りとは大違いです。
GMの自動運転会社であるクルーズは、最近、サンフランシスコで初の完全自律走行車を完成させた。しかし、それは交通量が少なく、歩行者や自転車がほとんどいない夜11時以降に実施されたものでした。
ブルックリンでは、テスラの自律走行ソフトウェアが人間のドライバーにどれだけ近づいているかを確認することができたのです。本社が選んだ場所ではなく、人間が運転しなければならないから運転するような場所です。そこで、自動運転車が最も大きなインパクトを与えるかもしれません。
あるとき、私たちはフラットブッシュの右車線を走っていました。前方に工事現場が見えてきた。金属フェンスの列に向かって、クルマは全速力で走り続ける。
工事現場に突っ込むと思われたテスラのオーナーがブレーキを踏んでいる映像を思い出し、デジャヴを感じた。
しかし、このとき私は後部座席に座っていた。私は、衝突したときに身を守るために、本能的にハイズマントロフィーのように右腕を突き上げたのです。
「完全自動運転」が素早く車線変更をしてくれればと思った瞬間でした。また、もっとアグレッシブに曲がってほしいと思ったこともあります。
「完全自動運転」は、ときどきギクシャクと曲がることがあります。曲がり始めては戻り、また元の方向へ曲がる。郊外の急カーブでは気にならないが、密集した都市部では不快だ。

また、ブレーキングが不規則に感じられることがあります。ある時、ブレーキング中に車が追突しそうになり、びっくりしました。クラクションを鳴らされることもよくあることです。完全自動運転」が次に何をするのか、まったく想像がつかないのです。「完全自動運転」にブルックリンのナビゲーションを頼むのは、学生ドライバーにまだ準備ができていないロードテストに挑戦してもらうような気分でした。
「完全自動運転」がうまくできることは印象的でしたが、その体験は最終的には不安なものでした。都市部で「完全自動運転」を常用することは想像できない。速度確認など、モデル3のダッシュボードに目を落とすことがないのは、道路から目を離したくないからだと気づきました。
テスラのオーナーは、高速道路に特化した「完全自動運転」の前身である「オートパイロット」が、いかに旅のストレスを軽減してくれるかを日常的に私に教えてくれます。目的地に着くまでの疲労感も少ない。オートパイロットのおかげで長距離ドライブに出かける機会が増えたと言う人もいます。
しかし、「完全自動運転」は、その逆のように感じました。クルマが間違ったことをしないように、常に警戒していなければならないような気がしたのです。
結局、ブルックリンで「完全自動運転」を見て、人工知能を搭載したクルマが習得するのは難しい、運転の細かいポイントの重要性を再認識しました。例えば、狭い道路で左折するときに交差点に少し入り込んで、後続車が引き返すスペースを確保するようなことです。”完全自動運転 “は、イライラした後続のドライバーがクラクションを鳴らす中、ただその場に座り込んでいるだけでした。
今のところ、「完全自動運転」は必須の機能というより、友達に見せるパーティーの出し物に近いようです。

最後の「友達に見せるパーティーの出し物に近いようです。」には笑った(笑)。

進化はしてるけどまだ使えない

で、この記事にはビデオレポートもあるのだけど、見てて手に汗握った。こんな危ないことしながらしゃべり続けるなんて、この記者、よっぽど度胸あるよな。

このムービーには異論も出てた。CNNの記事にも出ていて記事やムービーの作成に協力したジェイソン・トールマン(Jason Tallman)氏は、「full self-drivingの進化を伝えてくれてないじゃないか!」とお怒りのムービーをアップしてる。英語がよく分かんないのでいまいちピンときてないけど、状況の認識のレベルが上がってるじゃないか!みたいなコトは言ってたと思う。

賛否両論だな。CNNにはジャーナリストとしての視点があるだろうし、トールマン氏はテスラのエバンジェリストなのかも。
ただ、双方のムービーが主張する中間あたり:進化はしてるけどまだ使い物にはなってない、っていうのがこの技術、いまの到達地点といえるじゃないか。乗ってないから分からないけど。

あと100年もすれば自動運転できる、のか?

今から4年前(もうそんなにたつのか!)、僕は日産LEAFに1日乗らせてもらったことがある。
そのときの印象は↓にまとめておいたけど、当時のニッサンの自動運転化技術「プロパイロット」は印象が薄くてあまり書いてない。
EVは良かった みんカラ
万年筆と、ボールペン。[ 日産リーフ 試乗記:特にモーター駆動に関して] ガスマニア!
日産LEAF

EV同様、自動運転もこれからどんどん進化が続くんでしょう。
ただ、上記ムービーにあるような、混雑している道路状況での状況判断の悪さ、レスポンスの遅さとかを見ているとマジ不安。というか乗れない。認知・理解・判断・操作の各段階でまだギクシャクしてる感じ。いま使ってるIT技術だけじゃ実現できない気がするなぁ。この分だとあと100年くらいかけないと本当の実用化はムリなんじゃないか。

EVって、前にも書いたように、200年以上も前からトライ&エラーが繰り返されてきた。今回、リチウムイオン電池という技術のブレイクスルーがあって、さらに地球温暖化という時代背景もあって実用化が急ピッチで進められているけど、まだまだ先は通そう。
同じように自動運転も、AIとかセンサーとかの最新技術を組み合わせて開発が進められているけど。波動エンジンみたいな、突拍子もない新技術とかも必要になるんじゃないかな。
それまで人類のカネと根気がもてば、の話だけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。