オイルはこまめに換えよう、ウチのアバルト プント [ エンジン/ミッションオイル交換@91,880km ]

オイルはこまめに換えよう、ウチのアバルト プント [ エンジン/ミッションオイル交換@91,880km ]

メンテナンスのリマインド。実施は2月27日。

めっちゃ走る、楽しくなった!

エンジンオイル交換のたびにいつも思うんだけど、交換の前後で印象がぜんぜん違う。交換後は、これが同じうちのアバルト プントか!?って思うぐらい、軽々とエンジンが回ってトルクも厚くなってる。
ちょっとアクセルを開けるだけで、クルマがぐんぐんと前に進む。なのでもうちょっと開けると、さらに力強く走るので、さらに、、、というわけで、ついついアクセル開けがち=危ないスピードになっちゃう。やばいヤバイ。

シリンダー内の爆発によって生まれたエネルギーが、余すことなくタイヤに伝わっている感じ。ちょっとオーバーか(笑)。
そんなムダのない回転フィールや力強さが、新しいオイルでよみがえった感じ。
逆に考えると、古くなったオイルではどれだけパワーロスがあったのか。

そう考えると、このMultiAirエンジン、オイルへの依存度が高いのかな、と思ったり。
吸気バルブをエンジンオイルで駆動しているので、もともとオイルにはかなり“依存”しているんですけどね。
なのでケチらず、こまめにオイル交換した方がイイ。なんといっても楽しく走れるし。

ちなみに今回入れたのは、MOTUL 2100 10W40。走るイベントはそんなにないので、普段使いのオイルで。
オイルフィルターの交換もしている。

スコンスコンのオメガも交換

ギアが引っかかるようになっていた。

特にニュートラル → 1速 → 2速、それぞれの間で。
ニュートラルから1速のときなんて、明らかに「カリッ」と、歯車の端っことかに引っかかるような感触が右手に伝わるときもあり、精神衛生上よろしくない。

で、メンテナンス記録を見返したら、なんと2年も交換してない。ダメじゃん。
今年は5月に車検があり、そのときに、と思っていたけど、あまりにもフィールが良くない=気分が良くないのでこちらも交換することにした。

「何入れる?」とメカのフージーに聞かれて、
「スコンスコン、ってみんなが言ってるヤツ」
「は!?なんじゃそれ」
「ラムダ、、、みたいな名前の」
「そりゃお前、オメガだろう!」
といったジジイのボケた会話もあり、、、

ドレインボルトの磁石もチェックしたけど、金属片は思ったほど付着してなかった。

交換後、ミッションのフィールも明らかに向上。
1速も以前よりもスッと入ってくれる、それ以上のギアも。
エンジンフィールも大事だけど、ミッションのフィールも良くないと、楽しく走れない。
マニュアルを楽しむためにわざわざこのクルマにしてるわけだからね、ミッションオイルもケチってはいけない。

ただね、やっぱり出るんだわ、N → 1速のときの「カリッ」が。ホントにときどきだけど。
あまり酷いようならオーバーホールが必要だとフージーからお達しあり。
もうそろそろ10万キロだからね、しかたないかー、なんくるないさー

リフト上のアバルト プント
リフトに載ってもカッコイイ、ウチのアバルト プント
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。