サーキットを走って、やっぱりシートは換えたい、と思ったのでした。

サーキットを走って、やっぱりシートは換えたい、と思ったのでした。

左右にぐわんぐわん、足パンパン。

あれは2013年9月、走行会で筑波サーキット(TC2000)を走ったときのこと。
アバルト プント納車から約3か月、ほぼノーマルの状態で参加したのですが、すごく疲れた。

ツクバでの初サーキット、1ヘアにて
ツクバでの初サーキット、1ヘアにて

だって、コーナーのたびに横Gで身体がぐわんぐわんと持っていかれる。
それを支えようと必死にフットレストで踏ん張るものだから、左足がパンパンに!

アバプンのシートは、一説によればサベルト製らしい。そのせいか、雑誌などでの試乗レポートでは好評。僕が座っても、ちょっと左右が緩いかな(外人サイズのせい?)、という程度で特に問題ない。サイドサポートも申し分ない。さらにショルダーサポートが付いているので、コーナーでステアリングを保持するときがラク。このシート、なかなかイイよね。
公道を走っているときは、そうだったんです。

でも、サーキットで公道以上の横Gをくらったら、そんな思いは一気に消し飛んで。
フルバケ(ットシート)じゃないとダメ!
という気分になってしまいました。

せめて4点式のハーネスで身体を縛り上げることができれば、ノーマルのシートでもいいのだけれど、アバプンのノーマルシートはそれができない。
なぜなら、ヘッドレスト一体型のハイバックシート、しかもかなりの“なで肩”なので、ハーネスを肩越しにセットしても、走っている間にずり落ちてしまう。

「走りながら手でずり上げないといけないんだよ」
「それって、ブラ紐を気にする女子みたいだよねぇ」
って、アバプン仲間の知り合いとも笑いながらネタになっていたり。

そんなわけで、バケットシートの物色が始まったのでした。
サーキットを気持ち良く走るために。

カッコ良さで選ぶなら、ホールド感などの機能性で選ぶなら、やっぱり固定式のフルバケット・タイプ。
座ると分かるけど、腰回りをがっしりホールドしてくれる。これならきつい横Gでも安心。

だけど、固定式なので、3ドアのアバプンの場合、後席の出入りにちょっと難が出る。
あまりその機会はないとはいえ、リアシートに子どもを乗せることもまだある(というか、そのれもあってアバプンを選んだ)ので、フルバケットはちょっと不便かも、という思いも。

そうなると、リクラインができるセミバケットシート。「そうだねぇ、セミバケならレカロしかないよ」ともっぱらの評判。
レカロは昔からの憧れ。願ったり叶ったりだけど、正規に買うと高い。中古ではあまりいいモノが出ていない。さらに最近は、純正品を買わないとシートレールを売ってくれないらしい。値段を調べると、1客12〜14万円くらいになる。そんなにお金をかけるんだったら、そのお金はサスペンションとかに使いたい。

なので、やっぱり値段的にもリーズナブルなフルバケかなぁ。
sparcoあたりなら3万円くらい出せば買えるし。
ラリーで有名なOMPからも、イエローとレッドのストライプがキレイなモデルが出ていて、値段もわりとリーズナブル。アバプンの内装がその色合いなので、マッチしそうだし(いまは廃番になっているっぽい)。
などといろいろ考えていたわけです。

スパルコのフルバケ。http://www.sparco-japan.com/products/racingseat/sprint/index.htmlより
スパルコのフルバケ。http://www.sparco-japan.com/products/racingseat/sprint/index.htmlより
OMPは、タテのラインがイエローとレッドのモデルが以前はあった。http://www.andare.jp/catalog/omp/seat/seat2014-2.html#ha744e-trs-e-plusより
OMPは、タテのラインがイエローとレッドのモデルが以前はあった。http://www.andare.jp/catalog/omp/seat/seat2014-2.html#ha744e-trs-e-plusより

で、ある日。土曜日のことでした。
なんだか胸騒ぎがして、アバプンに乗って中古パーツショップに行ってみたわけです。実は、その前の週にも行ったことがある店で、そのときはこれといったモノはなかったのですが。
でも、ですね。あったんです。

見ためもキレイなレカロのセミバケ。日本人の体型に合わせて小さめに作られたというSR4、イエローの張り地の「ワイルドキャット」モデル。この素材、通気性が良いので、夏場など汗をかいてもムレにくいとか。

店頭で、思わず目(?)が合っちゃったんです!
店頭で、思わず目(?)が合っちゃったんです!

かんじんのお値段は、約4万円。古いモデルだけど、まあこんなモノでしょう。レカロだし。キレイだし。しかもイエローは大好きな色。アバプンの内装カラーにも合うし。

どうしようか、などと考えてる時間はそれほどなく。
どうやって買おうか、取り付けはどうしようか? ということをすぐに考え始めましたね。

sparcoのステアリングを付けたので、シートもsparcoのフルバケで。と思っていたけれど、レカロなら違っていても問題ないでしょう。
sparcoのステアリングでシートにサベルトSabeltをチョイスすると、おいおい、ってちょっと突っ込みたくなるけど。

そんなわけで、sparcoのフルバケじゃなくて、イエローのSR4がウチのアバプンにやってくることになったのです。
“出会いは4万円の胸騒ぎ”っていう感じ!?

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。