ミシュラン PS4 追記:空気圧に敏感かな?

ミシュラン PS4 追記:空気圧に敏感かな?
この日は、プント乗りの人とサービスエリアでばったり!

高速道路で。
ある速度域で、ごく小さなバイブレーションが出ていた。
ほんのちょっとハンドルを振るわす程度で、ホイールバランスの狂いだったらもっとバタバタするよね、という感じの震え。

ウチのはスペーサーを噛ませているので、それが発生源なのか? でも以前、このスピード域で走ったときは問題なかったしなー。。。

もしかしたら内圧かも。
ということでサービスエリアでチェックしてみた。

 

sponsor link


 

案の定、
フロントが230kPa、リアが200kPa程度と、高速走行するにはちょっと低め?
サーキットだと冷間で250kPaくらいあっても大丈夫、ミシュランはサイドウォールが柔らかめなので、負荷がかかるときは内圧を高くして剛性を上げた方がいい。

最近、暑かったり寒かったり、気温の変化が激しい。
それによってタイヤの内圧も微妙に変わるため、実はこのタイヤ=ミシュラン PS4は、気温変化の激しいいまの時分は、乗り味がころころ変わる。

朝、肌寒い時にちょうどいいと思っていても、昼過ぎ気温がガンガンに上がると、内圧が張りすぎてクルマが跳ね回るようになったり(特にリア)。

実際、前回内圧をチェックしたのは気温が30℃になろうか、という日。それに対してこの日は、早朝でまだ20℃にも達していない。

この日は高速道路でタイヤも温まっていることだし、
フロント 2.4kPa、リア 2.2kPaに設定。
残りの高速道路の行程では微細なバイブレーションも消え、何ごともなく走ることができました。

ただね、帰りの一般道、峠道。この日も昼は暑かった。
で、朝に設定したあの内圧のままだと、昼はちょっと張り過ぎの感じ、特にリアが落ち着かなかったですね。

うーん、ちょっと内圧に敏感かな、ミシュラン PS4。
そんな僕が敏感なのかも知れないけれど(笑)

2017.07.30追記
運転操作の結果が、走っていて分かる。それがミシュラン P4の良さだと思う。

————-

4本で6万円(税込)切ってますね、安い!

こういうのがあれば、空気圧がきめ細かく管理できるんですけどね。
ただ、めんどくさがりの僕がいちいち使うのかな?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。