やっぱり、人を殺す前提の自動運転はありえない。[ 「モラルマシン」続報 ]

やっぱり、人を殺す前提の自動運転はありえない。[ 「モラルマシン」続報 ]
運転って、スゲー難しいんだぞw。自動運転開発のITエンジニアは、分かってるのか

以前取り上げた「モラルマシン」、調査の途中結果が出ていました。

ホントはこちらが詳しそうだけど、有料記事なのでとりあえず無料ニュースサイトの記事でざくっと。

モラルマシンっていうのは、
走行中、人や動物との衝突が避けられなくなったとき、自動運転車はどの命を見限って、どの命を守ったらいいか、
自分たちでは判断できないので、広くみんなの意見を集めましょう、というWebサイト。天下のMITがおつくりあそばしている。

でも、僕に言わせてもらえば、これは、
自動運転車による殺人を正当化するための調査サイトだ。

その殺人正当化サイトに、4000万ものアクセスがあったそうだ。すごいなー、みんな関心あるんだね。
で、この記事で書かれてるような「モラルに地域性がある」なんてこと、当たり前のことでしょ。これまでイメージで語られた文化的なテーマに対して、ひとつのエビデンスができた、くらいの価値でしかない。

 



 

科学者は、ときとして一般人の感情を逆撫でするようなことを平気でする。

遺伝子組み換えなんて、良い例だ。技術的にできるし、経済的効果もあるから、やっちゃおうぜ、というのは理論では分かる。でも、遺伝子組み換えちゃって、それをおなかの中に入れて安全なの? 素人のそんな疑問や不安にはおかまいなしだ。「そこは科学の範囲ではない」って知らん顔だしね、科学者たちは。
技術や理論ばっかり先走っちゃって、多くの人が暮らす社会やそこでの人の気持ちなんて、これっぽっちも考えない。

自動運転、そしてモラルマシンも全く同じ。

センサーとAIがあれば、なんとかなるんじゃね? と思って開発を始めた自動運転だけど、実はセンサーがけっこうバカだったり、あげく、実験中に人を死なせたり。開発が進むほど、自動運転システムはカベにぶち当たってる。

そんなシステムの不出来をエクスキューズすべく作られたひとつがモラルマシンだ。「誰だったら殺していいですか」なんて設問、フツーの人はできない。マッドサイエンティストだよ、こんなこと考えられるのは。

運転は自動化できる。って思って始めた以上、きちんと最後まで開発すべきだよ、エンジニアたちは。
モラルマシンで「誰を殺して良いですか」なんてヘンな逃げ道作らないで、「人を殺さない自動運転」を目指すべき。
そうじゃなかったら、人間が運転しているのとたいして変わりない、開発する価値がない。

前も書いたけど、人を殺す前提の自動運転はありえない。絶対に。

こういう気持ちは、今も変わってない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。